アイアクトが眼瞼下垂に効果のある理由は?眼瞼下垂で悩んでいる方へ

アイアクトは「目を開けていられない」「まぶたのピクピク」

をケアする専用のクリームです。

ではなぜ、アイアクトがこれらの症状に効果があるのでしょうか。

「目を開けていられない」「まぶたがピクピクする」…
この原因は、精神的ストレスにより脳から興奮物質(アセチルコリン)が

異常放出されることにあると考えられています。
アセチルコリンにより目の周りが緊張することで、

まぶたがピクピクするといった症状が出てきてしまうのです。

アイアクトは、目の周りの緊張を抑制する成分をナノ化して独自配合。
目を開けていられないといった眼瞼下垂の症状、

まぶたのピクピクをケアします。

>>まぶたの下がりやピクピクに効果のあるクリーム「アイアクト」はコチラ

眼瞼下垂症ってなに?

眼瞼下垂症とは、目を開けようとしても

まぶたが下がってきてしまう状態を言います。
視界が狭くなり見えにくくなるだけではなく、

肩こりや頭痛、疲労につながる場合があります。

眼瞼下垂の種類と原因は?

眼瞼下垂には3つの種類があります。

(1)先天性眼瞼下垂
生まれつきまぶたを上げる筋肉の発達や働きがが弱いために、

まぶたが下がっている状態です。

(2)後天性眼瞼下垂
もともとまぶたが開いていた人が、まぶたを上げる筋肉の力が弱くなったりすることで、

まぶたが下がってくる状態です。
原因は加齢やコンタクトレンズの長期装用などと考えられています。

(3)偽眼瞼下垂
眼瞼下垂に見えますが、まぶたを上げる筋肉や腱には異常がない場合です。
加齢によってまぶたがたるみ、まぶたの上に皮膚がかぶさっているとこの状態になります。

眼瞼下垂チェック

もしかしてあなたも眼瞼下垂かも?以下の項目にあてはまる方は要注意です。

・以前に比べて目が小さくなったと思う
・まぶたが重いと感じる
・肩こり、頭痛がある
・目の周りや奥に痛みを感じる

上記にあてはまる場合、以下の方法でセルフチェックしてみましょう。

1 目を閉じます。
2 両側の眉の上を人差し指で押さえて、その状態で目を開けてみます。

目を開けにくい、またはおでこに力が入ってしまう方は眼瞼下垂症の可能性があります。

眼瞼下垂の対策や予防について

眼瞼下垂を予防するには、以下の点に注意する必要があります。

・まぶたに強い刺激を与えない
花粉症などで眼に痒みがあるときは、薬物療法などを行ってまぶたをこすらないようにする。
またアイメイクを落とすときも、力を入れずに優しくさわること。

・コンタクトレンズの装用を見直す
なるべく装用時間を減らし、眼鏡と併用する。
また外すときにまぶたを引っ張らないようにする。

>>眼瞼下垂の予防に効果的なアイアクトはコチラ

眼瞼下垂の手術について

眼瞼下垂が気になる場合は、まぶたが上げやすくなる手術を受けることができます。

形成外科や眼科で、ものが見えにくいなど、

日常生活に支障が出ていると判断された場合は、健康保険が適用されます。
ただし医師によって判断基準が異なり、

健康保険の適用外とされる場合もあります。

眼瞼下垂の手術、失敗と失敗率

眼瞼下垂の手術で、失敗する可能性はあるでしょうか?

形成外科などで保険適用の手術を受ける場合は、

目の機能改善が目的となります。
そのため、「二重の幅を大きくしたい」「左右のバランスを良くしたい」といった、

見た目の美しさについては細かく対応してもらえません。

手術をしたものの、

・あまりまぶたが上がらない
・左右の目の大きさが違う
・二重の幅が太すぎる、または狭すぎる

といった問題が起こり、再手術を希望する方もいます。
しかし眼瞼下垂の再手術は難易度が高く、

引き受けてくれる医師が少ないのが現状です。

眼瞼下垂の手術後と後遺症

手術後は1カ月ほど目の周りが腫れます。
また人によっては出血斑が出たり、

傷跡が凹凸が残る場合もあります。
完全に落ち着くには4~5カ月ほどかかるようです。

眼瞼下垂の手術費用※まぶたをあげる手術

形成外科における一般的な手術(腱膜前転術)で、

保険適用されない場合は以下のとおりです。

・片目で約30万円~

また美容外科などで自費扱いとなっている手術も、

同様の相場となっています。

眼瞼下垂をトレーニングで治す※目の開きを良くする方法

では、手術以外で眼瞼下垂を治せる方法はあるでしょうか?
目の周りの筋肉をトレーニングによって鍛えることで、

下垂の進行を遅らせることができると言われています。

1 目をぎゅっと力を入れてつむる
2 5秒間そのままキープする
3 ぱっと目を開く

このトレーニングを1日に数回行うことによって、

上まぶたの筋肉と目の周りの筋肉が鍛えられます。

ただし筋肉を鍛えるには時間がかかりますので、

焦らずに取り組む必要があります。

>>まぶたの下がりに効果のあるアイアクトクリームの詳細はコチラ

タイトルとURLをコピーしました